毛母細胞のヘアサイクルについて
メニュー
毛母細胞を破壊する脱毛
毛母細胞のヘアサイクル
本当の脱毛とは?
毛周期と毛母細胞の関係
毛母細胞のメカニズム
永久脱毛と毛母細胞
女性ホルモンと毛母細胞

毛母細胞のヘアサイクルについて

どんな人のどんな毛にもヘアサイクルまたは毛周期という毛の生育周期があります。これは全ての細胞も生きていて、常に入れ替わりが行われていることから起こる自然現象です。ヘアサイクルとは発毛、成長期、退行期、休止期、脱毛の繰り返しです。これらは毛母細胞の活動と連動します。毛母細胞は毛乳頭に入り込んだ毛細血管から栄養分を受け、細胞分裂を繰り返し、新しい細胞が押し上げる形で毛が成長していきます。この細胞分裂が活発な時期が成長期です。退行期は毛母細胞が衰えている時期で、毛乳頭との結合部分に緩みが生じてきます。休止期とは毛母細胞が完全に機能を停止した状態を言い、この状態になると毛乳頭とも離れており、自然と脱毛します。発毛から脱毛までの期間は性別や年齢、体の部位などによって様々に異なります。このサイクルの最も長いのが髪で若くて正常な状態であれば6〜7年、逆に最も短いのは眉毛で3〜4ヶ月で生え変わると言われています。ちなみに脱毛サロンで効果が出るのは、この中の成長期の毛のみです。また、腕や足、ワキなどといった箇所ではその7割以上が休止期だといいます。脱毛サロンで何度も通う必要があるのは、この毛のサイクルに合わせているからなのです。



更新情報


TOP PAGE

© 2013 All right reserved :毛母細胞のヘアサイクルについて