毛母細胞がムダ毛を再生させるメカニズム
メニュー
毛母細胞を破壊する脱毛
毛母細胞のヘアサイクル
本当の脱毛とは?
毛周期と毛母細胞の関係
毛母細胞のメカニズム
永久脱毛と毛母細胞
女性ホルモンと毛母細胞

毛母細胞がムダ毛を再生させるメカニズム

 毛母細胞は、毛根の最底部、一番根っこにあたる細胞です。この部分が毛乳頭と呼ばれる皮膚の小さな突起部と結合することで毛は支えられています。毛乳頭には毛を支えるのと同時に、毛の成長に必要な栄養を毛母細胞に送るという大切な役割もあります。 毛乳頭から血液を通して栄養を受け取ると、毛母細胞は細胞分裂を繰り返して成長します。細い毛穴の中にあるため細胞は自然に細長い形を形成し、上に伸びていくことになります。そして伸びるにつれ、最初はやわらかかった組織は角質化し、わたしたちが目にしている毛の形になります。 この毛母細胞が毛穴に残っている限り、何度抜いても毛は基本的に再生します。毛抜きやワックスでムダ毛を抜き取っても、実は毛穴の底にはこの毛母細胞が残っています。そして残った細胞はやがて毛乳頭から栄養をもらい、毛を作り出します。これが、毛が再生されるメカニズムです。 抜いたり、クリームで毛を溶かすといった方法では、細胞を完全になくすることはできません。再生機能を止めるには、熱でタンパク質を変質させる必要があります。永久脱毛と呼ばれるものは、すべてそうした施術になっています。



更新情報


TOP PAGE

© 2013 All right reserved :毛母細胞がムダ毛を再生させるメカニズム