毛母細胞を破壊できる脱毛方法とは
メニュー
毛母細胞を破壊する脱毛
毛母細胞のヘアサイクル
本当の脱毛とは?
毛周期と毛母細胞の関係
毛母細胞のメカニズム
永久脱毛と毛母細胞
女性ホルモンと毛母細胞

毛母細胞を破壊できる脱毛方法とは

 永久脱毛、またはそれに近い脱毛効果を望むならば、毛の再生組織を破壊する必要があります。毛根の先にある毛母細胞と呼ばれる組織がそれにあたり、皮膚の毛乳頭という組織から栄養を取り込んで細胞分裂し、毛を作る機能を持っています。毛を毛抜きで抜いても、この毛母細胞は毛穴の中に残るため、毛は何度でも生えてきます。 再生組織を破壊するには、熱でダメージを与えるしかありません。毛母細胞と毛乳頭はどちらもタンパク質が主成分ですから、高い熱を加えるとタンパク質が凝固して変質し、機能を失います。 毛根に熱を与えるタイプの脱毛方法は、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の3種類になります。レーザーとフラッシュはどちらも、メラニンに反応して発熱するライトを照射し、毛を熱してその熱を毛根に伝えて処理します。タンパク質が凝固するには70℃前後の温度が必要ですが、しかしこの方法ではそこまでの高熱を発生させるのは難しく、肌への影響も懸念されるため、もっと低い温度で処理します。そのため毛根へのダメージは充分ではなく、毛が再生される可能性が高くなります。 永久脱毛にかなり近い効果が期待できるのはニードル脱毛です。細い針を毛根に刺して熱を加えますが、毛根を直接熱することができるため、かなり高い温度で処理することができるという強みがあります。



更新情報


TOP PAGE

© 2013 All right reserved :毛母細胞を破壊できる脱毛方法とは